自己破産 任意整理・債務整理・倒産まるわかり
*

秀吉 茶々 年齢差

(公開: 2020年12月27日)

羽柴秀吉の『羽柴』は、まだ織田家家臣団の中で頭角を現す前、『木下』姓を名乗っていた秀吉が という理由で名乗ったものと言われております。 年齢も勝家が15歳年上。 そして織田家に仕えてきた年数、立場、武将としてのキャリア、全てにおいて勝家の方が上だったわけです。 それが信長の死後、農民出身の羽柴秀吉がグイグイ柴田勝家を追い抜いていくわけですから、勝家は心底面白くないだろうし、焦り、不安、屈辱、色んな感情があった事でしょう。 最終的には賤ヶ岳の戦いで武力衝突する二人 … 淀殿(よどどの、永禄12年(1569年)? 『麒麟がくる』 2020.01.29 お市の方(織田信長の妹)とは?、娘などの子供や身長・性格について解説! お市の方は織田信長(おだのぶなが)の妹で、織田信長を語る上で外す事のできないキーパーソンです。. 茶々 が 秀吉 の側室になったと言われるのは1587年ころ。 この時、1537年生まれの 秀吉は 50歳。 1569年生まれ(説)の 茶々は 18歳。 32歳の年齢差の二人には、親子以上の年齢差があります。しかし、 豊臣秀吉(とよとみひでよし)といえば、天下人。その名前はどれだけ日本史オンチでも聞いたことがあるはずです。 あの信長に、秀吉の見た目から「サル」と呼ばれていたことは有名ですね。 今回は、豊臣秀吉のエピソードや偉業を、カンタンにわか [&he 茶々が秀吉の側室になったと言われるのは1587年ころ。 この時1537年生まれの秀吉は50歳。 1569年生まれ(説)の茶々は18歳。 32歳の年齢差の二人には、親子以上の年齢差があります。 しかし、側室を幾人も置いた当時としては、珍しいことではありません。 お市の方の生年や幼少期、人生の前半の事はほとんど歴史的資料が無くわかっていません。 父は織田信秀(おだのぶひで)、母は土田御前(どたごぜん)で織田信長と同じ母から産まれた兄妹と言われていますが、一説では織田信長とは従兄妹の間柄で浅井長政(あざいながまさ)へ嫁がせる時に妹と紹介したとされる資料も残されています。 織田信長の生まれた月日は諸説あるものの、いずれにせよ、天文3年(1534年)生まれと云われています。 一方の明智光秀の生まれた年は、複数の候補があり定まっていません。 よく云われるのは、『明智軍記』などを根拠にした説です。 『明智軍記』には、光秀の享年は55歳だったとあり、そこから光秀は享禄元年(1528年)生まれではないかと云われています。 『明智軍記』とはどのような史料かというと、1688年~1702年の間に書かれてとされる軍記物です。 つまり創作なども入っていて、史料価値は … 秀吉の妻としてよく名が上がるのは、貧しい時代から彼を支えた「おね」と、秀吉が50歳を過ぎて側室に迎えた淀殿だろう。 おねと秀吉の間には子はいなかったが、 加藤清正 や 福島正則 などの親類縁者を実子のように可愛がり育てた。 戦国時代、活躍して注目を浴びていたのは、常に武将と呼ばれる人たちでした。織田信長しかり、豊臣秀吉しかり。, 男世界であった群雄割拠の戦国時代を女性として生き、そして後世までその名を響かせた女性は一握り。, 俗に「悪女」と呼ばれる淀殿(茶々)の本当の性格や、豊臣秀吉の側室になる決意をした生涯をご紹介いたします。, 歴史上、様々な女性の登場人物がいますが、彼女ほど「悪女」として有名な女性もいないのではないでしょうか。, もちろん、探せば他にもいるのでしょうが、戦国時代で有名な悪女といえば、「淀殿」という人です。, そもそも、「淀殿」という呼び方は彼女の死後、徳川万歳の世の中で流通した呼び方です。「淀殿」をつけるのは遊女に対してのもの。, しかし、個人的に茶々という響きがかわいらしく、彼女の本来持っているものを表しているような響きがしますので、こちらで進めさせていただきます。, そんな茶々は、1569年。眼下に美しい湖の広がる近江の国城、小谷城で生まれました。父は悲運の武将・浅井長政。母は織田信長の妹で、戦国一の美女と謳われたお市の方です。, 後にお初、お江という妹が生まれ、浅井三姉妹として有名になりますね。茶々は長女にあたります。, 茶々は生まれながらにして生粋のお嬢様でした。戦国の世でなければ、何不自由なく育てられ、蝶よ花よの人生だったのではないかと思います。, しかし、時は戦国時代。彼女は二度の落城を経験したのち、三度目の落城で自らの命を落とします。年齢は50歳の時でした。, 一度目は父・浅井長政を失った小谷城。二度目は義父・柴田勝家と母・お市の方を失った北の庄城。そして三度目は、自らの息子と自刃した大阪城です。, 燃え盛る炎に包まれて、茶々は最後に何を思ったのでしょうか。遠い日、同じ炎に包まれた父と母を思ったのでしょうか。それは彼女しかわからない事なのかもしれません。, 歴史的に有名なのは、とにかくプライドが高くヒステリーな女性というイメージが強い茶々。, そして自身の子である豊臣秀頼を溺愛している……今の世ならモンスターペアレントになってしまう可能性が高い母親。, そんな悪いイメージがたくさんあります。では、本当のところはどうだったのでしょうか。, 確かに、そう思われてしまっても仕方がないところはあったのかもしれません。それは生まれのせいもありますね。, 茶々は生粋のお嬢様です。織田家と浅井家、戦国時代の名門から生まれた茶々は、小谷城を失っても、北ノ庄城を失っても、必ず後見人がおり生活を助けてくれました。, 小谷城から落ち延びた後は、信長の庇護を受けて生活しています。信長の死後、柴田勝家に嫁いだ母と共に寒い北国へ向かい、今度は豊臣秀吉に攻められ落城。, ここでは母であるお市の方まで亡くし、孤独な三姉妹は敵である秀吉に助けられます。その後は織田の縁者の庇護を受け、またもや大切に育てられるのです。, どんな悲運に見舞われても、こうしてお嬢様のように守られてきた茶々が、プライドの高い女性に成長していってもおかしくはありませんね。, 末妹のお江も、これまた性格がきつい事で有名な女性です。そうならざるして育っていったのでしょう。, それを裏付けるように、妹二人を守るべく(と個人的に思っているのですが)、両親の仇である豊臣秀吉の側室になりました。, そのかいあって、お初は京極家、お江は徳川家へと嫁ぎました(お江に限っては、秀吉のせいで多少振り回された挙句徳川への輿入れでしたが、それまた別の話となります)。, 茶々という女性は、妹たちへの責任感を持ち合わせていたのでしょう。その責任感は、豊臣という家にも持つようになります。, 自身の子が豊臣の跡取りとなると、豊臣家をなんとか存続させようと奮闘しますが、ここでまた落城の目にあいます。, この時、お初やお江の力添えで、なんとか命は助かるはずだったのですが、彼女は落城と自害という道を選びました。, 豊臣という家に対しての責任や、お嬢様としてのプライドがそうさせたのかもしれませんね。, ともあれ、茶々という女性は、純粋で責任感が強すぎたあまり、少々融通の利かない悪女として後世に名を残してしまったのかもしれません。, 織田信長の家臣だった豊臣秀吉は、1572年、浅井長政、お市の方、そして浅井三姉妹の居る小谷城を急襲。, 浅井長政の父親である久政と長政を分断させ、まず久政を攻め滅ぼしたあと、茶々の家族がいる本丸へと攻め込んできました。, この時、長政はお市の方に三姉妹を託し、城の外へと逃します。その後、秀吉に攻め入られ、長政は城内で自刃するのです。, 燃え盛る炎に包まれた城を見ながら、当時三つ四つだった茶々は何を思ったのでしょうか。その瞳にはきっと、くっきりと燃える城が写し込まれたに違いありません。, その後、二人目の父となった柴田勝家の城も、再び豊臣秀吉によって滅ぼされました。この時は母親であるお市の方も亡くしてしまいます。, 三姉妹は豊臣軍に助けられたと言いますが、当時十四、十五の茶々はここでも何を思ったのでしょうか。, 愛しい父と母を、どちらも豊臣秀吉に滅ぼされ、助けてくれたとはいえ心の底から憎いと思ったのではないでしょうか。, しかし、時は戦国。女が一人で、ましてや幼い妹を二人抱えて生きていくには、世知辛い時代です。, 茶々は豊臣秀吉の庇護を受けながら、織田の縁者のもとで暮らしました。それから五年後。茶々は両親の仇である豊臣秀吉の側室となったのでした。, この五年の間、きっと茶々はとても悩んだ事でしょう。浅井の事、柴田の事。母の事、父の事。そして未だ幼い妹たちの事。, 様々な葛藤が考えられますが、きっと一番に思ったのは妹たちの事ではないかと思います。, 現に、茶々が側室としてあがる前までに、お初は縁深い京極家へ。お江は秀吉の甥の元へ嫁ぎます(徳川へはその後に嫁ぐことになります)。, どちらももちろん、秀吉の口添えあってのものです。そうやって妹たちの幸せを見届けたのち、彼女自らは仇である豊臣へ差し出したのです。, 豊臣秀吉の側室となってからの茶々は、秀吉に大切にされて権力を思うがままに奮った……というイメージが強いのですが、実はここからもまた不幸に見舞われてしまうのです。, 豊臣秀吉には正室やたくさんの側室がいましたが、誰一人として子を産む事がありませんでした。, しかし、茶々は見事に秀吉の子を宿したのです。秀吉の喜びようは例えようのないものでした。, もともと、秀吉の主君は織田信長。つまり、茶々の伯父です。そして茶々の母であるお市の方に、秀吉は長く恋慕の情を抱いていたという説があります。, 尊敬していた主君と、恋焦がれていた女性と繋がりのある茶々を、秀吉は目に入れても痛くないほどにかわいがっていました。城を一城与えるほどです。, さて、豊臣秀吉の子を産んだ茶々。第一子は捨(鶴松)という男児でした。捨という名にしたのは、捨て子はよく育つという民間の言い伝えにのっとったものです。, しかし、この鶴松は二歳で亡くなってしまいます。その二年後、のちに大阪城の君主となる豊臣秀頼が生まれます。, 幼い頃の名は「拾」と言います。捨という名にしてしまったために鶴松を亡くしてしまったのかもしれないと、今度は拾という名にしたのです。, この時、秀吉は50歳を過ぎていました。今でこそ、50代はまだまだ若いとされますが、戦国時代当時、「人生五十年」と歌われていた時代です。, かなりな高齢と言えるでしょう。ですから、秀吉はこの拾の事を、亡くなる間際まで気にかけていたとされています。, 秀吉亡きあと、秀頼は母親である茶々と共に、豊臣の名を守ろうとしますが……徳川家康によって滅ぼされてしまいます。, 秀頼はこの時、母と共に自害した、とされていますが、のちに九州の方へと逃げ延びたという説もあり、はっきりとした事はわかっていません。, さて、茶々にはもう一人、猶子がいました。完子という女児です。猶子とは、養子と似ていますが、養子とは違い相続権はありません。, 完子は妹であるお江の娘です。秀吉の甥との間にできた子でしたが、徳川へ嫁ぐ際に茶々の融資となりました。, 実の子のようにかわいがっていたとされています。この完子は後に公家へと嫁ぎ、ここに織田、浅井、豊臣、徳川の血が皇室に流れていく事となります。, ですから、ある程度の年の差があってもおかしくない世の中ではありましたが、秀吉と茶々の年齢差は群を抜いて突出していたのではないかと思います。, 茶々は1969年に生まれました。少し前までは1967年生まれという説もありましたが、今はこちらの1969年説が有力のようです。, 対して秀吉は、1537年とも1536年とも言われています。茶々の伯父である信長は1534年生まれ。母であるお市の方は1547年。父である浅井長政は1545年生まれとされています。, 豊臣秀吉が数多くいる側室の中でも、とりわけ茶々を愛でていたのは、茶々が秀吉の子を宿したからだけではありません。, 先にも少し述べましたが、秀吉はずっとお市の方に恋焦がれていました。信長の死後、織田の勢力は二つに分かれます。, 古参の柴田勝家と、信長を死に追いやった明智光秀の首を取った豊臣秀吉です。この時、両者はお市の方を妻にする事にやっきになっていました。, 恋慕の情があったのも事実ですが、それ以前に、信長の妹であるお市の方を妻にした方が、より強い権力を持つ事になるだろうと思ったからです。, この時、勢いは豊臣秀吉にありました。なんせ、信長の仇を討った男なのですから。しかし、お市の方は柴田勝家の元へと嫁いでいきます。, 最愛の夫、浅井長政を滅ぼした秀吉が許せなかったという説がありますが、この通りではないでしょうか。, それでも諦めきれない秀吉は、事あるごとに柴田ともめ、最終的に攻め滅ぼしてしまうのです。, この時、お市の方が柴田勝家と共に自害したと聞き、秀吉はかなりのショックを受けたのでした。, そこまでして恋焦がれたお市の方の娘であり、一番お市の方に似ていた茶々を、秀吉が大切にしないわけがないのです。, 様々な書籍やドラマ、映画などで、淀殿という女性はほぼ、悪女として描かれてしまいます。, しかし、歴史をよく読み解いていくと、それだけではないものが見えてきませんか?例えば、茶々の生きた時代が戦国時代ではなかったら。, 戦国時代であっても、両親である浅井長政とお市の方が生きていたら。彼女の人生はここまで大きく翻弄されたものにならなかったかもしれませんね。, 女性が生きるのに厳しい戦国時代、その純粋さと信念を胸に誇り高く生きた茶々を、賞賛せずにはいられません。. 茶々(ちゃちゃ)といえば、戦国時代の大河ドラマによく出てくる豊臣秀吉の側室ですね。 お母さんのお市の方と似ていて、とても美人だという話もあります。 今回、茶々(淀殿)の人物エピソードや、真田幸村との関係、秀吉との子供や年齢差などを […] 宮本武蔵と佐々木小次郎の年齢差の詳細、結末や勝者など、 いろいろな説について紹介 していきますよ。 1 武蔵は戦いにめっちゃ遅刻した? 武蔵が決闘にめっちゃ遅刻した説。 これは「巌流島の戦い」の一番の通説になっていますよね。 5.1 妻お市との年齢差はナント25歳; 6 秀吉 と ... 勝家とお市の方は、死ぬ前にお市の娘(浅井長政との子)である茶々・お江・お初を秀吉のもとへ行かせています。このうちの茶々が、のちに秀吉の後継ぎとなる豊臣秀頼を産んだ淀殿であるのは有名な話ですね。 スポンサードリンク. 豊臣秀吉の後継者、 豊臣秀頼。 身長が190cmほどあった大男だったと言われています。 小柄な豊臣秀吉とは対称的な体格でした。 今回は豊臣秀頼の身長についてお伝えします。 豊臣秀頼の母、淀殿も高身長 豊臣秀頼の母、淀殿(茶々)は浅井長政の娘です。 茶々 が 秀吉 の側室になったと言われるのは1587年ころ。 この時、1537年生まれの 秀吉は 50歳。 1569年生まれ(説)の 茶々は 18歳。 32歳の年齢差の二人には、親子以上の年齢差があります。しかし、 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); れきし上の人物.comサイト管理人。元々はかなりの歴史オンチ。今では歴史にハマってしまい、城巡りとかしちゃってる。よかったらフォローしてってください。. 織田信長や豊臣秀吉、真田幸村から日の当たらない人物まで、戦国に活躍した武将・大名を徹底紹介。総数289名以上!肖像画や名言、子孫からあの武将の横顔を探ります。戦国ガイドは日本唯一の戦国総合 … 茶々が秀吉の側室になったと言われるのは1587年ころ。 この時1537年生まれの秀吉は50歳。 1569年生まれ(説)の茶々は18歳。 32歳の年齢差の二人には、親子以上の年齢差があります。 しかし、側室を幾人も置いた当時としては、珍しいことではありません。 茶々 が 秀吉 の側室になったと言われるのは1587年ころ。 この時、1537年生まれの 秀吉は 50歳。 1569年生まれ(説)の 茶々は 18歳。 32歳の年齢差の二人には、親子以上の年齢差があります。しかし、 帰蝶(濃姫)の記録は少なく、帰蝶(濃姫)と信長は仲睦まじかったのか、信長に嫁いだ後はどうなったのかなど多くの憶測があります。 謎に包まれた帰蝶(濃姫)の生涯と逸話、明智光秀や土岐頼純との関係についての記事です。 豊臣秀吉の後継者、 豊臣秀頼。 身長が190cmほどあった大男だったと言われています。 小柄な豊臣秀吉とは対称的な体格でした。 今回は豊臣秀頼の身長についてお伝えします。 豊臣秀頼の母、淀殿も高身長 豊臣秀頼の母、淀殿(茶々)は浅井長政の娘です。 淀殿 (茶々)が産んだ、子供である 豊臣秀頼 の父親は誰なのでしょう? 状況的には 豊臣秀吉 が父親である可能性は、大変低いと言わざるを得ません。. しかし この頃50歳に手が届こうとしていた秀吉 茶々とは30歳以上の年齢差があり 母のお市が毛嫌い した秀吉である しかし この母・娘は容姿は良く似ていても男の好みは全く違ったのか そてとも「天下人 … 茶々 が 秀吉 の側室になったと言われるのは1587年ころ。 この時、1537年生まれの 秀吉は 50歳。 1569年生まれ(説)の 茶々は 18歳。 32歳の年齢差の二人には、親子以上の年齢差があります。しかし、 秀吉と茶々の年齢差。かなり差があるんですね。 秀吉は1537年生まれという説が有力。茶々は1569年ですから、32歳差だといえます。 誰ですか、いまロ◯コンとか言ったお人は。。。(・∀・) 当時の感覚ではこれぐらいはふつうです。ごくふつう。 ちなみに、真田幸村と正室の竹林院も30歳以上離れていたといいます。 で、茶々と秀吉の間には二人、男子が生まれました。 鶴松と秀頼です。 鶴松は誕生の2年後に亡くなっています。 秀頼は後に跡継ぎになっていますね。 また、秀頼は気弱で軟弱という … ,史実では、信長が秀吉より3歳年上だから、『麒麟がくる』の配役の親子ほども離れた年齢差には何やら意味がありそうだ。,「本能寺の変に至る過程では、織田家の出世頭である光秀と秀吉による派閥抗争のような主導権争いがありました。 二人は年齢差9歳ありますからね(秀吉と茶々との関係は主命ですから、笑) 若い同じ年頃のふたりならともかく三成は自制が効く年齢ではなかったでしょうか? 3、茶々が「関が原の戦い」の時に三成に協力的でない事。 戦国時代の結婚は、主に政略結婚でした。 ですから、ある程度の年の差があってもおかしくない世の中ではありましたが、秀吉と茶々の年齢差は群を抜いて突出していたのではないかと思います。 茶々は1969年に生まれました。少し前までは1967年生まれという説もありましたが、今はこちらの1969年説が有力のようです。 対して秀吉は、1537年とも1536年とも言われています。茶々の伯父である信長は1534年生まれ。母であるお市の方は1547年。父である浅井長政は1545年生まれとされています。 秀 … - 慶長20年5月8日(1615年 6月4日))は、戦国時代から江戸時代初頭の人物。 豊臣秀吉の側室 。 位階は従五位下とされるが、諸説あり。 本名は 浅井 茶々(あざい ちゃちゃ)および浅井 菊子(あざい きくこ)。浅井三姉妹の一人。 ,史実では、信長が秀吉より3歳年上だから、『麒麟がくる』の配役の親子ほども離れた年齢差には何やら意味がありそうだ。 ,「本能寺の変に至る過程では、織田家の出世頭である光秀と秀吉による派閥抗争のような主導権争いがありました。 秀吉と差がついてしまい、身を滅ぼす事になってしまった! なぜこうなってしまったのか? ここでは信長の死後から賤ヶ岳の戦いで滅びるまで、柴田勝家の戦国事情をゆるりと解説! 柴田勝家とお市の方は「本能寺の変」のあった1582年、清須会議に決定に従うように結婚。しかし翌、1583年には賤ヶ岳の戦いで柴田勝家は敗れ、お市の方ともども自害しました。夫婦であったのは1年ほどのことで、お市の娘たち浅井三姉妹は秀吉に保護されました。 茶々が側室になったのが、19歳。鶴松を産んだのが20歳。秀頼を産んだのが24歳らしい。そして、秀吉は茶々より32歳年上。茶々が側室になったころ、51歳ということに。秀頼が生まれた時は56歳になりますね。朝鮮出兵は秀頼誕生の1年前ですって。江茶々と秀吉の年齢差は? 石田三成と豊臣秀吉の側室である淀殿(茶々)が不適切な関係であったのではないかと話題になることがあります。 何故、石田三成と淀殿に関係があると囁かれるようになったのか検証しています。また、秀吉の子供と伝わる羽柴秀勝、鶴松についても記載しています。 豊臣秀吉; 徳川家康 ; 桶狭間の戦い ... 圧倒的な兵力差だが、結束の固い徳川軍の士気は低くない。 小牧山城に立て籠もる織田・徳川軍に対して、秀吉は、楽田城を前線基地に、付け城を多数築城、小牧山城を包囲した。 しかし、かつての三木城や鳥取城、高松城のような完全な包囲はできず、 - 慶長20年5月8日(1615年 6月4日))は、戦国時代から江戸時代初頭の人物。 豊臣秀吉の側室 。 位階は従五位下とされるが、諸説あり。 本名は 浅井 茶々(あざい ちゃちゃ)および浅井 菊子(あざい きくこ)。浅井三姉妹の一人。 豊臣秀吉と茶々(淀君)でさえ、32歳差。 42歳差というと孫世代ですからね。 それほど、男性というのは、年をとっても 何というか、自分のことが分かっていないということでしょうか。 自戒を込めて考え … 淀殿 (茶々)が産んだ、子供である 豊臣秀頼 の父親は誰なのでしょう? 状況的には 豊臣秀吉 が父親である可能性は、大変低いと言わざるを得ません。. 織田信長や豊臣秀吉、真田幸村から日の当たらない人物まで、戦国に活躍した武将・大名を徹底紹介。総数289名以上!肖像画や名言、子孫からあの武将の横顔を探ります。戦国ガイドは日本唯一の戦国総合 … 宮本武蔵と佐々木小次郎の年齢差の詳細、結末や勝者など、 いろいろな説について紹介 していきますよ。 1 武蔵は戦いにめっちゃ遅刻した? 武蔵が決闘にめっちゃ遅刻した説。 これは「巌流島の戦い」の一番の通説になっていますよね。 竹内結子演じる茶々である。 「実に朗らかで天真爛漫な茶々なんです。竹内はインタビューでそういう演出を受けたことを話しています。『(茶 秀吉の側室「淀殿(茶々)」が、「鶴松」を産む 【 1590 年】 「小田原征伐」開始 「北条氏政」「伊達政宗」らが屈服 「徳川家康」が、東海道から「関東」へ領地替えされ、「江戸城」に拠点を置く 「奥州仕置」開始 【 1591 年】 「奥州仕置」が完了し、「天下統一」完了. 茶々(ちゃちゃ)は豊臣秀吉の妻となって秀頼を生み、やがて豊臣家の実権を握った女性です。浅井氏と織田氏の一族に生まれ、戦乱の中で父と母を失いました。そして自身も大坂の陣という大戦に敗れ、豊臣家を滅亡に導いてしまっています。この文章では、そのよ 柴田勝家とお市の方は「本能寺の変」のあった1582年、清須会議に決定に従うように結婚。しかし翌、1583年には賤ヶ岳の戦いで柴田勝家は敗れ、お市の方ともども自害しました。夫婦であったのは1年ほどのことで、お市の娘たち浅井三姉妹は秀吉に保護されました。 この時、秀吉は、50歳くらい。年齢差約30歳。その4年後に、次の子・秀頼を出産。秀吉は、54歳くらい。茶々以外の側室からは、お世継ぎが生まれず、茶々だけが子宝に恵まれる謎? 茶々の乳兄妹である、大野冶長が、密通していたとウワサされていたらしい。 前回も書きましたが、茶々が19~20歳頃に、秀吉の側室となり、 最初の子・鶴松を産んでます。この時、秀吉は、50歳くらい。年齢差 … 1569年生まれ(説)の 茶々 は 20歳。 改めて、おぉ…と思う年齢差のある(側室ながら)夫婦ではありました。 この、鶴松が生きていたわずかの2年ほどの真ん中・・・ 「1590年」とは「秀吉の天下統一」と、中学校の歴史以来、 万民が? 二人は年齢差9歳ありますからね(秀吉と茶々との関係は主命ですから、笑) 若い同じ年頃のふたりならともかく三成は自制が効く年齢ではなかったでしょうか? 3、茶々が「関が原の戦い」の時に三成に協力的でない事。 淀殿(よどどの、永禄12年(1569年)? 茶々(ちゃちゃ)といえば、戦国時代の大河ドラマによく出てくる豊臣秀吉の側室ですね。, 今回、茶々(淀殿)の人物エピソードや、真田幸村との関係、秀吉との子供や年齢差などを紹介していきますよ。, 本名:浅井茶々(あざいちゃちゃ)誕生:1569年死没:1615年6月4日享年:46歳時代:室町時代(戦国時代)-安土桃山時代-江戸時代初期, 茶々はどういう人かひとことで言いますと、権力者に翻弄された波乱万丈な人生を送った人物です。, 淀殿は、これは茶々が秀吉との子供を生む時、秀吉から山城国淀城をもらい、産所としたのですね。, 美人と言われる由来は、茶々は「戦国一の美女」と言われた、お市の方の娘だからでしょうか。, お市の方の娘の、浅井三姉妹(茶々、初、江)の中でも、茶々が一番お母さんの面影があると言われています。, それゆえにお市の方が大好きだった秀吉は、茶々を側室にしたというのが通説になっていますからね。, こちらの記事で「戦国一の美女」お市の方について、カンタンにわかり易く紹介しています。, しかし、織田と浅井が決裂した時に「小谷城の戦い」になり、浅井長政が敗れ討ち取られ、茶々たちは、織田に保護される悲劇が生まれます。, でも信長は、茶々たちは姪っ子にあたる親戚。身内にあずけ、手厚く面倒を見ていたようです。, 信長もおじ様として、とにかく美味しいものや綺麗なものを、お市の方や茶々たちに買い与え、甘やかしたといわれています。, で、信長が「本能寺の変」で死んだ後、柴田勝家と母・お市の方の再婚が決まります。柴田勝家がお市の方にべたぼれだったとか。, 幸村の身分ではおそらく、茶々とは親しく話すことはできなかったでしょう。茶々は信長の姪ですから、小さな大名でしかなかった真田昌幸の二男とでは立場が違います。, もっとも、茶々と秀頼が最後の時を迎える大阪冬の陣、夏の陣では徳川家康を討ち取るかと思われた武勇が味方の目にとどまっています。, ちゃんと絡んだのは、大阪夏の陣で、「殿(秀頼)にも出陣するように」と幸村が言ったのを、茶々が却下したときくらいなのです。, 秀吉は1537年生まれという説が有力。茶々は1569年ですから、32歳差だといえます。, また、秀頼は気弱で軟弱という印象がありますが、実は大柄で異言があり、家康があった時、脅威を感じたという話があります。, ゲームなどでは、何とか権力を保とうとするヒステリックな毒女、秀頼を何とか押し上げようとする母親の像が強く描かれていますが、彼女自身はどうしようもないことで振り回された人生でもあったのです。. 2016年nhk大河ドラマ「真田丸」の出演者・キャスト一覧の詳細版(敬称略)です。分かりやすく真田信繁と他の武将らの歳の差もできる限り表記していますが、多少の誤差はご勘弁願います。 茶々(淀殿)真田幸村との関係や秀吉との年齢差、子供は? 初(次女)が浅井三姉妹で1番美人?性格優しいエピソード? で、 江はのちに徳川将軍となる徳川秀忠の正室になります。 そして江は、徳川将軍・家光の母親です。 2,波乱万丈な人生? 茶々(ちゃちゃ)は豊臣秀吉の妻となって秀頼を生み、やがて豊臣家の実権を握った女性です。浅井氏と織田氏の一族に生まれ、戦乱の中で父と母を失いました。そして自身も大坂の陣という大戦に敗れ、豊臣家を滅亡に導いてしまっています。この文章では、そのよ 勝家は、秀吉のとりなしによりこのお市の方と結婚しています。 後に対立することになる勝家と秀吉ですが、織田信長が討たれた直後までは関係も良く、このように結婚のとりなしをしてくれるほどの関係を築いていた様です。 妻お市との年齢差はナント25歳

ジェットエンジン 模型 キット, 岡山天音 似てる 歌手, ジェニファー 大探索 解放, ミッドランド スクエア ログイン, 最高の片思い ドラマ 挿入歌, クロノワール グッズ 公式, 君の目が問いかけてる 韓国 ネタバレ, バック トゥザフューチャー 2 伏線, 倉敷 イオン 映画 鬼 滅 の刃 予約, 関西学院大学 大学院 学費, 1 3 5 ヘキサ トリエン 分子軌道,