自己破産 任意整理・債務整理・倒産まるわかり
*

この世界の片隅に 海外の反応 まとめ

(公開: 2020年12月27日)

2018年3月18日【この世界の片隅に】が日本映画専門チャンネルで放送されます。 体調不良系ブロガーの私は、なかなか映画を観に行けないので、テレビで放送してくださる日を心待ちにしているのです … この世界の片隅にを考察!化け物の正体は?アニメと原作の違いや伏線をネタバレ. 「この世界の片隅に」に関連する357件の画像・動画・ツイートやニュースのまとめをお届けします。この世界の片隅にとは、こうの史代による漫画作品。2011年にテレビドラマ化され、2016年には片渕須直が監督した長編アニメーション映画が公開された。 ゴブリンスレイヤー 第4話 「強き者ども」あらすじ古代の遺跡に潜入したゴブリンスレイヤーたち。そこは魔神王の軍勢であるゴブリンたちの根城になっていた。妖精弓手たちと協力し、淡々とゴブリンたちを退治していくゴブリンスレイヤー。しかし突然、遺跡 日本でアニメ映画「この世界の片隅に」が大ヒット!【台湾人の反応】: kaola.jp 【海外の反応】「唯一の被爆国である日本にしか創れない」アニメーション映画『この世界の片隅に』の海外向けトレーラーに反響続々: 映画狂の詩 外国人「凄くワクワクしてるよ! 2018-05-20 │ 【海外の反応】 パンドラの憂鬱 海外「『火垂るの墓』を超えた」 『この世界の片隅に』 海外の観客から絶賛の声 8 users kaigainohannoublog.blog55.fc2.com コメントを保存する前に 禁止事項と各種制限措置について をご確認ください 日本に関係するニュースや話題に対する海外からの反応を翻訳して配信するブログです。YouTubeやTwitter、海外掲示板に寄せられたコメント・口コミを翻訳してご紹介します。日本を紹介する動画のア … 映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』特報2 劇場アニメこの世界の片隅に . 5.海外の反応 >>2 個人的にこのアニメが大好きだけど、ここに書かれていることに同意は出来ない。 キャラクター人気というよりは、異世界のジャンルの中でも、喜劇的な工夫が凝らされてることで、他作品と差別化されているからじゃないかな? トラックバック : 0 │ アニメ │ (THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 海外のお前ら 海外の反応 お隣速報 劇訳表示。 コメント : 51 │ この映画の公式サイトには、 という解説があるのだが、まずは「元の映画版に、原作にある遊女・リンのエピソードを加えた長尺版」ととらえていい。 もちろん、それ以外に加えられた部分もある。例えば序盤にすずの尋常小学校時代では節約して使っていた鉛筆を級友・水原によって穴に落とされてしまうエピソードが、あるいは、戦争が終わったあと、「ひと月遅れの神風」がやってきて一家で大笑いするシーンなどが加えられている。 何よりも、前のバージョンでは、「だれでもこの世界で居場所はそ … この女の喚いてる理屈も理解不能だし、この程度の発言が炎上してニュースにまでなるのも理解不能。 [ 2019/02/26 23:15 ] 名無しさん [ 編集 ] 定刻通りに動く電車にケチを付けるとは思わんかった 慎重勇者 1話 海外の反応 1.海外の反応 エピソード1の時点では、この作品が面白いかどうかは判断しかねるね。 でも、コメディはしっかりしていて面白かったと思う。 このまま中途半端なにならずに、コ … 海外の反応 まとめ あんてな YakuTena 政経ch 海外の反応・他 台湾の反応ブログ 海外の反応.jp ラカタン ポーランドボール 翻訳 かんこく!韓国の反応翻訳ブログ じゃぽにか反応帳 !!翻訳注意報!! 異世界かるてっと2 (2期) 第7話 「興奮!しんたいそくてい」あらすじ次なる学園生活のイベントは、身体測定。覗こうとするもの、それを防ぐもの、それぞれの思惑が交差する。同時に、どうでもいいことでも思惑が交差してしまっていた。1. というわけで今回は2016年に公開された「 この世界の片隅に 」の海外での口コミをまとめてみましたので紹介したいと思います。 「この世界の片隅に」の原作漫画を電子書籍でお得に読む方法! Edit, とても残念だけれど、制作者の意図に関係なくプロパガンダ映画であると感じてしまう人がいると言うことも事実だしそういう考えを持ってしまう人もいると言うことを、知っておくことも大切だとは思うよ。繰り返しになるけど、それはとても残念な事だとは思うけどね。, >>日本が第二次大戦時に侵略したアジアの国々はまだ日本のことを憎んでいて、それには正当な理由があるってコメント自体がプロパガンダだろそれをいうなら連合国が有色人種の国をほぼ全て植民地化してた事実に触れろこいつの言い方で言うなら全ての有色人種が白人国家を憎む正当な理由はある全ての国の歴史教育や一方から見た戦争映画は全部プロパガンダって言わない限りダブルスタンダード, 作品の批判はあっても全然良いんだけど プロパガンダうんぬん言うのってそれはもう当たり屋じゃん作品関係ないよ 当たり屋の理屈は会話になんねーからコメントは訳さなくていいよ, 特定のプロパガンダに毒されてるからプロパガンダに見える。場所や時代が違っても登場人物への共感って物語には重要な事だけど、そういった別の時代・場所の市井の人の共感まで否定させるプロパガンダって恐ろしいことですw, まあ映画に限らずあらゆる表現はプロパガンダだよな。そういう意味ではプロパガンダだと思う。しかしそれでもアメリカの戦争映画ほどプロパガンダがひどいとは思わんが…, ネガティブな意見に対しては他の方も反論してるし、控えようかなとも思ったけど一つだけ看過できなかった>原爆がなければアメリカは日本本土に上陸して原爆で犠牲になった以上の人間を殺さなければいけなかったという「事実」を一切考慮していない勝手に「事実」にすんなw可能性が大きかったのだとしても、それは多かれ少なかれ連合国側が立てた予測でしかない。「歴史にifはない」とはよく言われるのは、本当に起こった「事実」だけを拾っていかなきゃキリが無いからだ。「事実」と「if」を混同してる時点で歴史に対して意見するべきじゃないと思うよ, 補遺それは多かれ少なかれ(戦勝国である)連合国側(の都合が含まれた上で、あちらさん)が立てた予測でしかない, プロバガンダの影響受けたなは、一カ所あった。主人公のすずが、日本の敗戦を知って、「日本国民は皆しぬまで戦い続けないといけない!」と、力説した所。大人達は目をそらしたけど、すずは純粋な分、そう信じていたんだろうな。原爆落としたアメリカを責める演出は無かったと思うよ。, まあ、日本のことで「プロパガンダ」の主張をするのは、自分達が常にプロパガンダをやってる中韓人だけなんだよな。, 2018-05-21 03:06 │ from 名無しさん@PmagazineURL, プロパガンダと思うかどうかは結局のところ教育による価値観なんだよな。日本人が戦争映画を見て最終的に思うことは「戦争はやっちゃいかん」になるのは日本の教育で「戦争こそが悪」という教えによるものだからね。これがどこぞの国の「戦争は日本が」という教育にすればどんな戦争映画見ても最終的に「日本むかつく」ってなるよね。, 終戦が決まり素直に従う人達、戦勝国のふりした旗が翻る。「最後のひとりまで戦うんじゃなかったんかね?」「この国から正義が飛び去って行く」「暴力で従えとったという事か」つまりはこうゆうこと。どこの国だって「正儀」という名の「プロパガンダ」で戦争に向き合う。そして反省し”次"に備える。本文の最後のコメントを書いた"戦勝国"との戦いは始まっている。, これをプロパガンダだと思うのは自国がプロパガンダをやってきたからやで。書き込んだ人の国籍が容易に透けて見えるね。, アメリカで9.11が成功して本当に良かった失敗していたらヤケになったテロリストがより多くのアメリカ人を殺害していたと100%断言できる広島長崎に比べたら被害者はハナクソみたいなチンケな数だが、9.11はどこかの宗教の神からの祝福に違いない9.11を実行した人間に拍手を送りたい, 翻訳ありがとうございます。素晴らしい作品ですが、日本人じゃないと分からないのではないかと思えるような部分が多々あるので海外の反応は気になっていたんですよね。今の日本との対比というか異なっている部分や変わっていない部分とか。それが現代に繋がっている感じがして好きなのですが。感想を見ているとそういう部分が分からなくても楽しんでくれたようで。それともあの時代の生活なんてどこも似たようなものがあるのかな。> 母と祖母が話してくれた通りの第二次大戦中の女性の生き方だ。というのがどこの国の人か分からないけれど。, >原爆がなければアメリカは日本本土に上陸して原爆で犠牲になった以上の人間>を殺さなければいけなかったという事実を一切考慮していない。>日本軍が中国でやらかしたことや、連合国が完全降伏を要求していたことにも>言及していない。↑こういうバカ外人がいるから戦争になったんだろうよ例えば、もしアメリカが某国によって一方的に貿易をシャットアウトの海上封鎖されたら、その時はどうするんだ?戦争を始めるだろ歴史上、常に好戦的なアメリカ人が頭を垂れて封鎖解除を哀願するとでも言うのか?それと日本と中国の事だけは強調するくせに、その前に英国が中国でやった事については頑なに口を噤んでいるよな一方的な側面のみで、こんなもの全く議論にすらならないわな, > 大人達は目をそらしたけど、すずは純粋な分、そう信じていたんだろうな。今までの苦しみが嘘になってしまうから、縋り付いたんだと思うよ。, 日本が中国でやらかしたこと、アジアの国々を侵略したこと、連合国との関係について吠えてるヤツ自身、そもそも戦勝国側のプロパガンダに乗せられて得た知識を前提に語ってるっていうことにまだ気づいてないようだな。こういう輩がやがて歴史の客観的事実に触れ、真相を知る時期が訪れるのかは甚だ疑問だが、こいつが、科学的・客観的・理性的思考が苦手で何を言っても無駄なシナチョンではなく、戦勝国側の白人ならば、話せば少しは理解できるような気がするのは期待しすぎか?, 2018-05-21 15:04 │ from 名無しさん@PmagazineURL, 価値観の無理解・・とごり押し、プロパガンダってね・・特定の主義・思想についての(政治的な)宣伝なの。つまり、逆もまた真!戦争反対というプロパガンダそのものだよ。本来なら何故?戦争が起きたのかの検証から始まる物だが戦争=悪と決めて、物語を描く、真意を読み取れ無いのか?平和ぼけの思考停止なのか?一方的に「戦争=悪」としている。プロパガンダではない!と決め付ける思考が残念だよ。この作品は主義・思想を語って無いの?・・・・大いに語ってるよね。何が何でも戦争反対という思想主義者を代弁している。全ての映画は、何かしらの主義・思想を語っている物です。, 主義主張とプロパガンダは違うだろ。主義主張には論拠が必要だが、プロパガンダ(宣伝)には必要はない。事実嘘関係なく宣伝するのがプロパガンダ。こんなの、いちいち説明しなくても当たり前だと思うが?, 最後の評価コメントを書くような人がいる限り、「正義の戦争」は無くならないと断言できるわな。, いや、実際にアメリカ軍は日本の民間人を大虐殺していたから、プロパガンダじゃなく事実じゃないか。日本軍がアメリカの軍艦や兵隊と戦っている間に、アメリカ軍は日本の女子供など弱い立場の民間人を焼夷弾絨毯爆撃や機銃掃射で無差別にホロコーストしていたのは事実。, 人の非を責めても、己の非は隠せないこの映画をプロパガンダだというのは、否定しないけど「このプロパガンダは間違っている」というのは賛成できない作家は常に糸の切れた凧で、誰に操られるでもなく宙を泳いでいるものだしかし見上げる者からは誰かに操られているように見られるし、中には自分が糸を持ち操っていると錯覚する者も出てくるだからプロパガンダ論争のような、極と極の思想闘争は下らない。日本は戦争を起こしたし、その戦争で酷い目にもあったし、しかも敗けたアメリカは反撃したし、酷い目にも遭わされた、でも勝ったこれでいいじゃないの, >この映画が表している「私たちは善良で、ただこの酷い戦争が私たちの身に降りかかったんだ」ってその姿勢がまさにその理由だ。善良な一市民が”この戦争は間違ってる!やめるべきだ!”って言ったとしてもどうにもならないよね。どうにもできないから日々を粛々とあるものだけを使って生き抜いていかなきゃいけない。その悲哀というかどうにもならない中でそれでも明るく行きていこうとする人をなるべくプロパガンダから遠い位置で描こうとした作品だと思うけど…。そんな事言い始めたら全ての戦争映画は立ち位置を変えて見れば全部プロパガンダだと思うんだが, やはりというか、アメリカ人は嘘の歴史を信じてるんだなって。原爆が無くても日本は降伏準備を進めていたし、そもそもハルノート突きつけたのはお前じゃねえかと。, アメリカは日本が降伏するのを知って急いで実験のために原爆を落とした。それに民間人を狙った大量殺戮は戦争犯罪。アメリカは自分たちのやったことに目を背けるためにそれらを抜かして原爆を正当化している。極一部のアメリカ人は近年ルーズベルトの本性を知って恥じているみたいだけどね。そもそも中国や韓国が白人にビビって戦わなかったから日本は嫌々戦争したんじゃない。朝鮮半島まで白人が占領したらそこを拠点に確実に日本本土も侵略されてしまうからね。なのに野心だなんだ話をすり替えるようなこと言いやがって中間の臆病者が!, 何でここで中国の話が出てくるんだよ。意味わからん。まあ最後のコメントを書いた奴は、大体どこの民族の人間かは想像つくがな。この映画はプロパガンダっつーか、事実だ。原爆を描いた作品をプロパガンダ呼ばわりするのは、原爆の犠牲者に対する冒涜だ。つーか、全く関係ない事で低評価してる奴のコメントは翻訳しなくてよろしい。, はだしのゲンみたいな反米的なものは一切無いのに全否定とはな。ちゃんと見てないだろ。そもそもそんな発言する奴はこの手の映画なんて絶対見ようと思わないし。後ろめたいところがあるからそんな発言するんだよ。, 最後のコメント、玉音放送後に段々畑で泣くすずさんの場面で朝鮮の旗が立ってるの気づいてないよね。ちゃんと虐げられてる人達の事も描いてるわ。漫画の方がセリフが直接的やけど。, アメリカでは東京大空襲も名古屋空襲も沖縄上陸戦も歴史教材から欠落してるよね改めて当時の状況を目の当たりにすればアメリカ人ならば「プロパガンダだ」と叫びたくなるんじゃないかな悲しいことに、原爆のアメリカ人の認識は戦争を終わらせるため仕方なかったというのが常識のようです戦争責任を日本に全て押し付けたWHOとアメリカ含めた常任理事国 日本が満州放棄を拒否した事で、日本に対する輸出制限をしたアメリカと開戦のキッカケになったハルノート日本が被害者とか正義という事は口が裂けても言えないが責任を敗戦国に全て押し付けておいて目を背け、都合の良い話だけを信じてはダメでしょうそれでは中国や韓国と変わらないもちろん日本も物資を求めてアジア侵略をした事実は変わりませんが…, プロパガンダをずる賢く行なったのは戦勝国、常任理事国の奴等だろアラブ人を騙して侵略した英仏、ユダヤ人を真っ先に虐○した露、第一次では金儲けの為に彼等に荷担した米上記で未だに植民地所有してる所もあるよな、勝てば官軍此れに尽きるわカブロン!, まあアメリカ自体が先住民を虐殺した際に「奴らが先に我々の先祖を襲った」と正当化しているからな。日本人がアイヌや琉球人を無理やり同化させたと思ってて、日本人は我々白人を責める資格はないと思っているが大半のアメリカ人の本音。ペンス副大統領も演説で「我々は中国を解放し、彼らを経済支援したが、中国は我々にサイバー攻撃や軍事的な挑発を行っている!」と自国を正当化していたしな。, 観て思った事は、皆それぞれ明日をも知れない世界に生きている。支え合って強く生きてほしい、だ。プロパガンダという人は、観る前から作品の舞台背景を知ってしまった人だと思う。先入観が支配した頭で映画を観ても時間とお金の無駄だよ。, 日本人が広島を描くことは被害者アピールであって、アジアの加害者である日本が被害者ヅラする事など許されない!・・・という人たちが一部の地域にいるんだよ。, ↑スゲー知能指数低そうなコメントまぁこんなに素晴らしい人間讃歌の映画を戦争映画やプロパガンダにしか見えないってのは、心底アホなんで相手しても仕方ないよ。この映画はどんな環境や時代であれ日常を生きることにこそ真の美しさがあるという現代へのアンチテーゼだから。疲弊した現代社会と現代人へ、すずという少女を通して人生を生き抜く活力とヒントを与えてくれる映画。何処にもイデオロギーの主張は無い。, へぇ、プロパガンダですか。日本は講和したがってたのに、アメリカが原爆人体実験をやりたいあまりに引き伸ばしたという事実と矛盾する「事実」ですねぇ, >日本が第二次大戦時に侵略したアジアの国々はまだ日本のことを憎んでいて侵略されてない韓国が一番日本を憎んでるというのがお笑いだw, ほとんどの人はこの映画をプロパガンダとは捉えて居ない。つまりはプロパガンダに見えてしまうやつは、この映画の放つ「居心地の悪さ」に耐えられないってだけの話なんだ。この映画からのメッセージを受け取ったのではなく、自分の中にあるプロパガンダ意識を軽く小突かれただけで車庫入れで事故った女みたいにヒステリックに叫んでるだけさ, こんなのまでプロパガンダって言われたら、戦時中のこと何も描けなくなると思うんだけど...さて、困ったねぇ, 韓国人や中国人に言わせるどんな映画でも、当時の日時用を書くとプロパガンダだ被害者コスプレだというだろ、そしてそれに反論すれば彼らは感情的になって怒鳴り散らすだろう、なぜなら彼らは「そう教育」されて育ったからだ、この件に関しては彼らに冷静な判断や事実の認識を求めても意味がない、宗教的に洗脳されそだった人間に、神の不存在を説いたとしても絶対に信じず怒り狂うのと同じである。, http://transover.blog.fc2.com/tb.php/81-99afb01e, 私の友達は1930年代後半、11歳で日本に住んでいたんだ。この映画は彼女が私にしてくれた話を思い出させてくれた。, 私はこの映画を日本から帰る飛行機の中で見ました。まさかこんな感情的な旅になるなんて。, この映画に関して覚えておくべきことは、日本人は彼らが唯一の原爆の被害者だって価値観を大切にしているってことだ。, Newer Page » 【この世界の片隅に】海外「僕たちが必要としている種類の戦争映画だ」, Older Page » 【この世界の片隅に】海外「ティッシュ・・・。ティッシュがたくさん必要だ・・・」, 【この世界の片隅に】海外「僕たちが必要としている種類の戦争映画だ」 « Newer Page, Older Page » 【この世界の片隅に】海外「ティッシュ・・・。ティッシュがたくさん必要だ・・・」. この世界の片隅にの海外の反応まとめ. お使いのブラウザーは JavaScript が無効になっているか、JavaScript に対応していません。, 適切にこのページ表示する場合は JavaScriptを有効にするか、JavaScript に対応しているブラウザーでアクセスしてください。, Profileトコロテンと申します。アニメに関する海外の人たちの反応や感想を翻訳した記事へのリンクを作品別にまとめています。, 海外「素晴らしく、美しく、重要な映画」戦時中の広島を描いたアニメ”この世界の片隅に”が海外で大絶賛される, 海外「見てみたいけど...」”この世界の片隅に”が火垂るの墓以上の悲劇映画ではないかと思われアメリカ人に尻込みされる, 海外「予告編を見ただけでも涙が溢れた!」戦時中の広島を描いたアニメ映画「この世界の片隅に」を見た外国人が大感動! 海外反応, 海外「映画、この世界の片隅にがアメリカで公開!!」広島をテーマにしたこの映画を世界はどう見るの?!, 海外 「魂に国境は無い」『この世界の片隅に』を観て涙が抑えられなかったという声続々, 海外「説教臭くないのがいい」『この世界の片隅に』がアヌシーアニメ国際映画祭準グランプリ受賞!, 【海外の反応】『この世界の片隅に』の北米上映が決定!「心の根底が震え熱い涙が止まらない」日本アニメの成熟度に世界が脱帽, 海外「28年ぶりの快挙!」『この世界の片隅に』がキネマ旬報ベスト・テン1位を獲得!, 海外「日本の戦争映画の見解が好き」『この世界の片隅に』の興行収入が10億円を突破!『ヨコハマ映画祭作品賞』と『ヒロシマ平和映画賞』受賞作品に海外も注目!, 【海外の反応】「今年はアニメの当たり年!」『この世界の片隅に』が世界14カ国で上映, 【海外の反応】「唯一の被爆国である日本にしか創れない」アニメーション映画『この世界の片隅に』の海外向けトレーラーに反響続々, 外国人「凄くワクワクしてるよ!」 映画『この世界の片隅に』の世界進出に海外から期待の声, ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld (第3期 第2部), アイドルマスター ミリオンライブ! 今回はアニメ映画「この世界の片隅に」の海外の反応についてご紹介いたしました。 海外でも高評価が多かったのは日本人にとっても嬉しいことです。 [22記事]この世界の片隅にのアニメに対する海外の反応と感想のまとめです。【この世界の片隅に】海外「僕たちが必要としている種類の戦争映画だ」:【この世界の片隅に】海外「この映画はプロパガンダだ」:【この世界の片隅に】海外「ティッシュ・・・。 前回、前々回に引き続き、『この世界の片隅に』の海外の反応。今回はネガティブな反応も取り上げてみました。荒れないと良いのですが・・・。関連記事:【この世界の片隅に】海外「かつての仇敵であり現在の友から歴史的教訓」【この世界の片隅に】海外「ティッシュ・・・。 この素晴らしい世界に祝福を! 第1話『この自称女神と異世界転生を!』 海外の反応 : そとはん この素晴らしい世界に祝福を 1話 「この自称女神と異世界転生を!」 海外の感想 : かいがいのこの素晴らしい世界に祝福を! 2016年に公開されsnsなどの口コミで大きな反響を呼んだ『この世界の片隅に』 今回は本作のが持つ独自の魅力について掘り下げていきたいと思います。 映画「この世界の片隅に」が今話題ですよね。 snsで良い評判が広がり、徐々に人気が出ている作品です。 今回の記事のタイトルは「名言・方言や海外の反応!上映いつまで?」というわけで、 「この世界の片隅に」の名言、方言、海外・・・ 第二次世界大戦中の庶民の生活を描いた『この世界の片隅に』ですが、海外でも高い評価を受けているようです。特にフランスでは批評家の評価も軒並み高かったとか。特に戦争を扱った映画なだけに、海外の人々にとっても日本人とはまた別の感じ方をするのではな 海外の反 第1話「この自称女神と異世界転生を! ), 真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました, 劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス & Sinners of the System, アイドルマスター シンデレラガールズ (THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS), GRANBLUE FANTASY The Animation Season2 (第2期). 「この世界の片隅に」のアニメを見た韓国人の感想です。ちなみに戦争関係の動画のコメントを訳していると、日本に対して「被害者コスプレ」という言葉がでてくるようです。 翻訳元スレ主 今日でコロナが中国で発見されてから1年経つようだ。 It's Been Exactly One Year Since the First Case of COVID Was Found in China 丁度1年前に中国の武漢で謎のウイルスが発生したのがパンデミックの始まりである。 現在では世界中で125万人が死亡し、さらに数千万人が感染した。 こうの史代の同名漫画が原作の『この世界の片隅に』は、広島・呉に嫁いだ主人公・すず(声:のん)が次第に激しくなる戦禍の中で、日々の暮らしに工夫を凝らしながら懸命に生きる姿を温かいタッチで描いた感動作。目を覆いたくなる戦争の残酷さに触れながらも、アニメーションならではの比喩表現や、周囲から「ぼーっとしている」と言われるマイペースで優しい主人公すずのどこか抜けたキャラクターが、作品全体に明るさをもたらしている。 アニメーション制作は、テレビアニメ「坂道のアポ …

ウォーキングデッド デール うざい, Tohoシネマズららぽーと横浜 座席 見やすい, ビッグ チラシ 沖縄, 結婚 3ヶ月 離婚, 東大阪市 合計特殊 出生率, さっぱり おつまみ 野菜, クイーン 結成 秘話,