自己破産 任意整理・債務整理・倒産まるわかり
*

自己破産 債務整理

 ・債務整理

債務整理とは、

債務を整理するための手法の総称」をいいます。

・債務整理の種類

1.任意整理

これは裁判所を介さず、個人のみ、または専門家等に依頼することで特定の債務に関して債務整理を行うことを言います。

→自己破産 任意整理

2.特定調停

平成12年2月施行された新しい法律(特定調停法)の元に行われる。裁判所が債権者・債務者の間に立ち、債権債務の整理を行うこと。

3.個人債務者再生(個人民事再生)

2001年4月1日からスタートした、比較的新しい制度。

住宅ローンその他の債務により経済的困窮状態に陥っている債務者が、将来の収入等を弁済の原資(将来に亘って一定の収入が見込めることが必要)として、裁判所の認可を受け、

その再生計画のもとで債務の一部を弁済することにより、残債務を免除してもらう方法

4.自己破産

債務整理の最終手段といってもいいかもしれません。

債務者が多額の債務により経済的に破綻してしまい、全ての債権者に対して弁済することができなくなった場合、

債務者自身が裁判所に申し立てをし、最低限の生活用品等を除く全ての財産(目安として、資産価値20万以上は処分対象になる)を価値評価して、全債権者に債権額に応じた公平な弁済することで、残債務の免責を受ける方法。


コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

大人の科学.societyここで商標登録について学ぶ定期預金 比較住宅ローン 比較